ゲームの流れ

Dragon Scary-go-round

(邦題:ぐるぐる廻るドラゴンとオバケたち)

 

01.jpg

 このゲームはプレイヤーは全員で協力して、ドラゴンのライフを0にすれば勝利です。

 ドラゴンとオバケは行動カードによって動くので、誰かが担当する必要はありません。
 行動カードについては後ほど説明します。

 

02.jpg 

 ドラゴンにダメージを与えるには、ドラゴンに隣接する4マスから攻撃しなければなりません。
 ただしこの4マスにいると、ドラゴンからの攻撃も受けます。

 プレイヤーは一人でもドラゴンの攻撃を受けたらアウト。協力ゲームなので全員敗北です。

 

03.jpg 

 他の敗北条件が2つあります。
 1つはドラゴンが塔を2周すること。
 もう1つは全員がオバケの部屋に集められてしまうこと。

 マップの内側の通路は黒いオバケ、外側の通路は白いオバケが、時計回りに動きます。
 プレイヤーはオバケにタッチされると、オバケ部屋にワープしてしまいます。

 ちなみにオバケ部屋に鍵はかかっていないので、次のターンに脱出することができます。

 

04.jpg

 プレイヤーはそれぞれ3枚の行動カードを持ち、1枚選んで処理しては1枚補充して、次の人に順番を回します。
 行動カードは上から順に処理していきます。

 真ん中のカードの場合、数字はプレイヤーの移動、弓矢は攻撃なのですが、どちらか選んで処理します。

 

05.jpg

 移動について注意点が1つ、マップ上の茶色い通路をプレイヤーは通ることができません。
 オバケだけが通れます。

 

06.jpg

 ドラゴンに攻撃すると、必ずドラゴンは反時計回りに1歩移動します。
 外側の通路にいたプレイヤーは、ドラゴンを追いかけて、一端、内側の通路に入り、再びドラゴンに攻撃するために、外側の通路に出なくてはなりません。

 そして時にはオバケが襲ってくるという訳です。

 

07.jpg

 行動カードに示されたオバケを処理は、4面ダイスを振り、出た目にマップ中央にあるジェムが示す数字を加えて、時計回りに移動させます。

 

08.jpg

 ドラゴンが所定の位置に来ると、オバケが1段階スピードアップします。
 終盤になると、オバケは最大で9マス(ダイス4+追加5)も移動します。

 

09.jpg

 将棋でいう詰みのような局面になる場合もあります。
 そんな時は魔法の書の効果を使ってください。
 魔法の書は左右で異なる効果が書かれており、どちらかを使ったら消えてしまいます。
 魔法の書はマップ上にあるチップを取ったら、手に入れることができます。

 

 さあ!ドラゴン退治を始めましょう!