ゲームの流れ

鏡の迷宮のドラゴン

 

IMG_9465.jpg

 このゲームは3人専用のボードゲームです。

 冒険者2人は協力し、魔法使いは1人で戦います。
 冒険者と魔法使いではそれぞれ勝利条件が異なり、どちらか早く達成できた方の勝ちです。

 

IMG_9481.jpg

 冒険者の勝利条件は、隠された剣と盾を見つけて、手に入れた状態でドラゴン駒までたどり着くことです。
 剣と盾を手に入れる前は、ドラゴンに倒されてしまいます。

 

IMG_9487.jpg

 魔法使いの勝利条件は2つあります。1つは魔法使いを4体出現させること。
 もう一つは迷宮を全て鏡の世界にすること(青を茶色にすること)どちらかを達成出来れば勝利です。

 

IMG_9509.jpg

IMG_9512.jpg

 冒険者はサイコロを振り、出た数字の回数分、行動が出来ます(左上が冒険者用)
 出来る行動は2種類、移動することと迷宮タイルを裏返すことです。

 例えば3が出た場合。現在いる場所のタイルを裏返し(1回目)、一歩移動して(2回目)また裏返したら(3回目)このターンは終了です。

 

IMG_9530.jpg

 魔法使いもサイコロを振ります。魔法使いマークが出たら、好きな場所を鏡の世界(青)に変え、魔法使い駒を置くだけです。
 ちなみに魔法使いはドラゴン駒がいる場所も、鏡の世界に変えることができます(すぐに倒されてしまいますが)

 

IMG_9539.jpg

 魔法使いが4体出現する前に、冒険者は魔法使いを倒しましょう。

 魔法使いを倒す事に行動回数は消費しません。ただ通過すればいいだけです。
 (剣や盾を拾うことも、行動回数は消費しません)

 

IMG_9548.jpg

 鏡の世界に隠された剣の(もしくは盾)ヒントを2枚見つけると、交差する地点に剣(盾)が出現します。

 

IMG_9554.jpg

 終盤、迷宮のほとんどが鏡の世界になるかもしれません。
 冒険者は魔法使いを倒しつつ、迷宮を現実世界に戻すことも大切です。

 

IMG_9574.jpg

 サイコロでドラゴンの目が出たら、カードを2枚引き、ドラゴンを動かします。
 ドラゴンによって冒険者が倒された場合、冒険者を魔法陣からリスタートさせてください。

 

 冒険者と魔法使い、どちらが勝つのか、いざ勝負!